一般的な仕事に比べると不規則な勤務時間が多い!

一般的な企業でサラリーマンとして働いている人は、朝出勤して夜に帰宅することが多いです。休みも土日が多く、基本的に同じようなスケジュールで働くことになります。しかし、ドライバーは一般的な企業とは違った勤務体系で働くこともあります。例えば長距離ドライバーなら夜勤も多くなりますし、タクシードライバーなら土日が休みとは限りません。また、宅配ドライバーは繁忙期になると、長時間労働をしなければならない可能性も出てきます。一般的な仕事に比べると、勤務時間が不規則になりやすいというのがデメリットになるでしょう。しかし、全てのドライバーがそうとは限りません。夜勤がない仕事や土日休みの仕事もあるので、そういう求人を探してみるのも1つの方法です。

体力勝負の仕事も多い!

ドライバーの仕事は体力を使うものが多くあります。配送ドライバーは色々な家を回って荷物の積み下ろしをしなければなりませんし、長距離ドライバーなら長時間運転し続けなければなりません。そのため、高齢になって仕事を続けるのは辛い仕事と言われています。若い間はよいですが、年をとってからも続けることを考えると、自分の体力と相談しながら仕事を探す必要があるでしょう。もちろん、ドライバーの求人全てが長く続けられないわけではありません。運送会社の考え方も年々変化し、高齢になった人を運行管理者にキャリアアップさせる会社も多くあります。将来は事務的な仕事に移れるような求人を探せば、体力に関係なく長く働くことができるでしょう。