年齢が高い人も実務経験さえあれば高収入を狙える

ドライバー求人は、勤務先の会社の業績や業務内容、役職などによりますが、他の業種と比べて年齢が高い人も実務経験さえあれば高収入を狙えるものが多くあります。特に、長年にわたり運送会社や物流会社などに勤めたことがある人や、大型トラックの運転を得意とする人は、給料や福利厚生などにこだわって就職先を選ぶことができます。最近では、シニア世代のドライバーの雇用を確保するため、定年制を撤廃したり、70歳まで働ける再雇用制度を導入したりする会社も増えています。そのため、長期にわたりドライバーとして活躍をしたい人は、求職中に様々な会社の労働条件をチェックして、安心して働ける環境が整っているか慎重に判断することが大事です。

若手社員が入社後に仕事で必要な免許を取れる会社もある

ドライバーが不足している会社の中には、20代や30代の若手のドライバーを育成するため、入社後に仕事で必要な免許を取れる仕組みを整えているところが少なくありません。そのため、大型免許や中型免許が無いものの、ドライバーの仕事に興味があるという人は、免許取得のためのサポートがしっかりとしている会社を就職先の候補に決めることがおすすめです。また、会社によっては教習期間中に一日あたり数千円から一万円程度の手当を支給したり、社員寮を提供したりしているところもあります。そこで、免許取得後にドライバーとして無理なく働きたい場合は、数ある会社の中でも個々のドライバーのサポートが手厚いところを見極めることが重要です。